予約.com
国内のホテル・旅館を探すなら「予約.com」。国内ホテル・旅館を大手予約サイトから一括料金比較。

第1回 ヒカ子の旅日記 沖縄編

ヒカ子がTwitterを始めたぞ。

ヒカ子の旅日記 過去記事はこっち→( ^ω^)

ヒカ子の厳選比較(商品比較)はこっち→( ^ω^)


★登場人物紹介

ヒカ子
 
ヒカ子:比較.comの商品比較だけでなく、旅日記でも活躍するで。よろしく頼むで。

 

ヒカクマ
 
ヒカクマ:ヒカ子と共に旅をするクマ。

 


シーサー

ヒカ子、沖縄 ガンガラーの谷に行く。

 

~那覇空港~

ヒカ子
 
あー、着いたなー。
ここがカナダかー。

 

ヒカクマ
 
カナダじゃないよ。沖縄だよ。

 

ヒカ子
 
なんでヒカクマがいるんだよ。
今回は比較.comのお仲間のサイト、予約.comでの「ヒカ子の旅日記」だろ。
チェンジやチェンジ。貴様は商品比較だけしとけばええんや。
ほれ、後ろで期待のニューフェイスマスコット、脳みそ丸見え「ヨヤクラゲ」がアップを始めているで。(フンフン!フンフンフン!

 

ヒカクマ
 
グロいし、意思の疎通が難しそうだな。
けど、ヒカ子ちゃんこそ違う人に任せた方がいいと思うよ。
引き籠りの無職が旅日記なんて書けるはずがないじゃないか。

 

ヒカ子
人手不足なんだろうなあ、常識的に考えて。
ヒカ子だって可能ならば村上春樹さんに書いてもらいたいものだ。(ホワンホワンホワーン。回想へ

 

~村上春樹っぽい 旅日記ver~

 

僕は無職の重圧から逃げるように羽田空港を飛び立ち、カナダに到着する頃、時刻は正午の少し前だった。

照りつける太陽は働いていない僕をしきりに殺そうとする。僕が社会に殺された時から身の回りの物(者)全てが殺し屋になった。

お気に入りのレコードも、好物の牛乳プリンも、部屋で一人で過ごす時間でさえも僕を殺そうとする。果ては僕自身すらも僕を殺そうとするのだ。

「逃げても無駄なのにな」

そう呟いて空港を出た時に重大なことに気付いた。

ここはカナダではない。おまけに隣にはヒカクマまでいるという。

「今頃気付いたのか?知らなかったのか?」

ヒカクマはわざとらしくため息をついた。

それが僕をひどくイラつかせる。

僕は読みかけの本を開いて心を落ち着かせた。

「やれやれ」

今回は予約.comの記事だというのに、また変わらないメンツになりそうだ。

僕はヒカクマの顔面を思い切り踏み抜いてそう思った。 (以下略

 

ヒカ子
 
みたいな感じがいいなあ。

 

ヒカクマ
 
僕の顔面が踏み抜かれているよ。

 

ヒカ子
 
ただ、春樹さんは難しいので今回もヒカ子やで。
今回は記念すべき第一回ヒカ子の旅日記やな。ヒカ子が大好きな沖縄に来たで。

 

ヒカクマ
 
沖縄は夏だけでなく冬に旅行するのもいいところだよ。
さすがに海は入れないけど、とても過ごしやすい場所だよね。

 

ヒカ子
 
それじゃあ、さっそく車を借りてレッツラゴーやな。

 

~30分後~

ヒカ子
 
アーーーーーウェマリーーーーーィアーーーー グラーーーーーティアプレーナーーーー♪

 

ヒカクマ
 
なんでドライブ中の選曲がアヴェマリアなのか。
それで、今日はこれからどこに行くの?

 

ヒカ子
 
そうだな。今は冬だからな。冬の沖縄は海に入れないとはいえ、おもしろいスポットがたくさんある。
今日は自然の神秘と、そこはかとなくやらしさが感じられるパワースポット「ガンガラーの谷」だ。

 

ヒカクマ
 
那覇空港から車で約30分。南風原南ICで下りて10分程の観光施設「おきなわワールド」の向かいに
位置する数十万年前に鍾乳洞が崩壊して出来た観光地だね。
けど、やらしいの?

 

ヒカ子
 
説明乙やな。
ああ、すごいやらしいで。
まず、完全予約制だからな。
やらしい話、ちゃんと予約したVIPしか中に入ることができない。
ヒカ子はVIPだから入れるんや。

 

ヒカクマ
 
準備がいいねえ。見直したよヒカ子ちゃん。

 

ヒカ子
 
そうだろそうだろ。(キキー!ドンッ!

 

ヒカクマ
 
ん?今、何か轢いたんじゃない?

 

ヒカ子
 
沖縄名物もずくの天婦羅だろ。気にするな。さあ、着いたで。

 

ヒカクマ
 
なんでもずくの天婦羅が道路に置いてあるんだ。そして着いたのはここ、観光施設「おきなわワールド」だね。
この施設だけでも一日遊べる大型エンターテイメントだ。だけど、今回はそんな最高のエンタメ施設を尻目に、
向かいにあるガンガラーの谷へ向かうんだね。
なんと贅沢なことだろうか。

 

ヒカ子
 
しかも、ガンガラーの谷の入り口は「CAVE CAFE(ケイブカフェ)」という洞窟カフェなんだ。
洞窟でビールやコーヒー、軽食を楽しむことができる。
洞窟で飲むビールは最高だな。

 

ヒカクマ
 
うちわや、ポストカードのようなガンガラーの谷グッズも売っているよ。
ヒカ子
 
やらしい話、売れるもんはどんどん売ったらいい。別に悪い事じゃない。
ヒカ子もジーパンのポケットに入れて洗濯する用にポストカードを一枚買っていくで。

 

ヒカクマ
 
なんて嫌な使い方なんだ。家族みんなに迷惑がかかる。

 

ヒカ子
 
あと、ケイブカフェだけなら予約なしでも入れるからな。急にケイブカフェにだけ来たくなってもOKやで。
じゃあ、ヒカ子はビールを飲むから帰りは車の運転頼むで。(グビー

 

ヒカクマ
 
僕、クマだけど運転していいの?

 

ヒカ子
 
逆に聞かせてくれ。なんでクマは運転したらいかんのだ?
人語と交通ルールを理解して、2足歩行できるならクマが運転してもいいだろ。

 

ヒカクマ
 
たしかに。免許は持ってる設定にしておこう。
コンプライアンスは守らないとね。

 

~しばらくゆっくりしていってね!!~

 

ヒカクマ
 
そろそろガイドさんと行く、ガンガラーの谷ツアーが始まるみたいだよ。

 

ヒカ子
 
よっしゃ。あのかわいい女性ガイドさんについて行くで。
ガイドさんがかわいいなんてやらしいねえ。

 

ヒカクマ
 
ガンガラーの谷ではちょくちょくやらしい話が出てくるんだねえ。

 

ヒカ子
 
それぐらいポテンシャルを秘めたパワースポットなんだよ。
まずは森を歩いていくんや。
脇には沖縄の伝統的農産物オオタニワタリが生えているで。新芽をてんぷらにすると旨いなんてやらしい植物だねえ。
そして、その先に見えてくるのがイナグ洞や。
イナグってのは女性という意味やな。やらしい話、なんでそう呼ばれていると思う?

 

ヒカクマ
 
やらしい話なの?とんと見当もつかないよ。

 

ヒカ子
 
この洞の中にはな、やらしい話、女性の臀部と胸部に見える像があるんや。
これはマジでやらしいだろ。フヒヒ。

 

ヒカクマ
 
やらしいねえ。

 

ヒカ子
 
ちなみに洞の中に入ることはできないから像に触ることはできないぞ。
こんなにもやらしい言い伝えがあるのにも関わらずガードが堅いなんて逆にやらしく感じるねえ。

 

ヒカクマ
 
なるほどねえ。確かに一理あるねえ。やらしいねえ。

 

ヒカ子
 
おっ、次のいやらしスポットやな。イキガ洞が見えてきたで。
ネーミングが既にやらしいねえ。どこがやらしいとはあえて言わんがねえ。

 

ヒカクマ
 
イキガ洞ねえ。名前がイナグ洞と似てるけどなんか関係あるのかなあ?

 

ヒカ子
 
よく気付いたで。イキガとは男性を意味するんやな。
そうなればイキガ洞の中に何の像があるかは大凡想像ができるやろ。
男性の像といえばそう、やらしい話、アレだろうなあ。
あと、イキガ洞は中に入ることができるぞ。暗いから入口のところでランタンを借りてるんや。まるで洞窟探検家になった気分やな。
膝くらいの高さから落ちたり、コウモリのクソや天井から降る謎の粉で死なないようにな。

 

ヒカクマ
 
スペランカーかな?
わあ!ヒカ子ちゃん!ランタンに照らされてそびえたつアレが見えてきたよ!
やらしい!!

 

ヒカ子
 
アレくらいで騒ぐなんてヒカクマはまだまだ子供やな。
この像は触ると子宝に恵まれるそうやな。
適当にやらしく触ってから次行くで。(ペタペタ

 

ヒカクマ
 
すごいそびえたっているなあ!!やらしいなあ!!
そうだ!ハチミツを塗っておこう!!

 

ヒカ子
 
なんでハチミツを塗るのかねえ。カブトムシが集まってきてしまうで。
けど、次こそが本当の目玉や。ガンガラーの谷の一番人気いやらしスポット「ウフシュガジュマル」や。
高さ20メートルの巨大なガジュマルから垂れ下がった根っこみたいな部分がやらしいねえ。

 

ヒカクマ
 
わあ!やらしい!アレみたい!!

 

ヒカ子
 
アレとは一体なんだろうねえ。ご想像にお任せするねえ。
このウフシュガジュマルには森の妖精、キジムナーが住むと言われているんだ。

 

ヒカクマ
 
こんなところに住んでるなんてやらしい!!

 

ヒカ子
 
ヒカクマがPTA副会長のおばさんくらいやらしいことに敏感になってきたねえ。
けど、ホントに見ごたえがあるねえ。
自然の神秘とやらしさが同居しているよ。

 

ヒカクマ
 
次はツリーテラスを通っていくね。
木の上を歩いていくなんて子供の頃に憧れたねえ。

 

ヒカ子
 
こういう子供心をくすぐるところがにくいよねえ。
ツリーテラスから見える景色が最高にきれいだよ。
やらしさの連続の中でこういう健全な部分があると逆にやらしく感じるねえ。
というわけで結論としてこのツリーテラスもやらしいねえ。
ヤンキーの中に七三分けの眼鏡の人がいたら、逆に恐ろしく感じる理論だねえ。

 

ヒカクマ
 
やらしいねえ。

 

ヒカ子
 
ツリーテラスを抜けると次は武芸洞だよ。やらしいねえ。

 

ヒカクマ
 
武芸洞はなにがやらしいの?

 

ヒカ子
 
この武芸洞は2007年から発掘が開始されて、今もなお発掘調査が行われているんだよ。こんなにいじくりまわされてやらしいねえ。

 

ヒカクマ
 
大昔の土器、炉の跡、大量のイノシシ骨、石の棺に入った人骨も発掘されたんだって。やらしいねえ。

 

ヒカ子
 
大昔の人は土器なんて使って何をしていたんだろうねえ。やらしいねえ。

 

ヒカクマ
 
煮炊きしていたのかなあ。やらしいねえ。

 

ヒカクマ
 
とまあ、以上でガンガラーの谷ツアーは終了になります。
今日はいつもの商品比較と違って大人な雰囲気でしたね。彼女とデートなうに使っていいよ。

 

ヒカクマ
 
こんなもん何に使うんですかねえ。けど、ガンガラーの谷はすごく神秘的なスポットなので沖縄に行くときは是非予約して行ってみようね。

 


エピローグ

ヒカクマ
 
ガンガラーの谷は沖縄の鍾乳洞の中でも、特に規模が大きくて有名なんだ。
もしも海水浴とかに飽きてしまったら、是非行ってほしいスポットだよ。

 

ヒカクマ
 
すぐ近くにおきなわワールドもあるし、おすすめのスポットだよね。

 

ヒカ子
 
おきなわワールドには全長約5kmの鍾乳洞・玉泉洞や琉球王国城下町もあるし、
グルメやお土産もいっぱい揃った一日遊べるエンターテイメント施設なんだよなあ。

 

ヒカクマ

 

ツアーまでの待ち時間や、ツアー後に時間が余ってもおきなわワールドで存分に遊べるね。

 


 

Copyright © 2017 Temairazu, Inc. All rights reserved.